トレーラーハウス店舗
繁盛店専門提案見積ナビ

〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町1-4-18



info@trailerhouse-business.com





日本RV輸入協会 会長 原田英世様





◇◆一般店舗との比較ポイント◆◇

検討項目 トレーラーハウス店舗 一般店舗
低予算
解体・撤去
立地変更 ×
耐震性
広さ制限 △(37.16㎡*まで)
保守メンテ
冷暖房費
耐久性
税金免除
注目度・サプライズ度
*総床面積で約11坪です

低予算で、投資リスクを最少に
通常の店舗に比べて、トレーラーハウス店舗の取得にかかる費用は約半額程で、資金面でかなりの割安感があります。低予算で,取得しやすく,転売しやすい

独立した一棟の「非建築物」として機能します。しかも、立地の良い場所へ思い切って移動出来ます。

「設置基準」をきちんと守る限り、「非建築物」として扱われ、税金が大きく免除されます。

投資リスクを最小化できる「移動型eco店舗」である優位性を大いに生かせます。

商売の第一歩として、即席の店舗で、短期に開店準備ができます。


解体撤去でも、資金回収できる
何かの事情で手放す時も、中古市場が形成されているので、そのまま転売しやすい訳です

また、アンテナ的に商売をスタートして、場所とか土地柄を学びながら、次の段階として、安心して本格的な店舗展開をできます。
この店舗を売却して、資金回収をすることで、別の分野への進出も可能です。


立地変更可能な究極の「店舗」
設置予定の土地からの出し入れできる「駐車(設置)スペース」を確保することで、自動車としての要件が満たされ、「非建築物」として取り扱われます。

地方行政の「建物でない」という認定が出れば、その土地の立地環境や面積に対する建物制限(建ぺい率・容積率)に影響されることなく、土地有効活用が可能です。

何かの事情が生じて、店舗を撤去や移設する時でも、そのトレーラーハウス店舗そのままで、敷地内あるいは敷地外にでも移動が容易です。

短期賃貸契約のため、立地確保が比較的容易であり、短期集中的・イベント対応の商売にも活躍します。
大家・地主さんの立場からすれば、所有敷地の一角を有効活用する賃貸契約ができますので、土地の提供をしやすいわけです。(市街化調整区域での出店の可能性もあります)

基礎工事が不要な固定しない「移動型eco店舗」のため、即ロケーション変更に対応できます。つまり、流行とか客の流れに合わせて、ベストスポットへ移動できます。


耐震性を備え、安心である
トレーラーハウス店舗は、地震などの災害に強く、既存の建物のように倒壊する心配が少ないのです。

緊急時には、専用タイヤが、 店舗全体の揺れを吸収します。倒壊の恐れがまずありません。ですから、緊急時に避難場所としても、余震対策にも利用できます。

台風や地震の多い日本特有の環境下では、安心して住むことのできる「空間」を確保したことになります。


広さ制限を、どう生かすか
トレーラーハウス店舗の大きさには、限りがあります。
総面積で約11坪。

この中で、どう空間デザインして、効率よく、客単価や商品単価そして、回転率をどう上げていくかの勝負であります。

限られた条件で、どうするかという工夫が生まれます。一般店舗であれば、予算は別にして広さには特に制限はありません。


保守メンテナンスを楽しむ
当然ながら、あなた所有の「店舗スペース」ですので、お手入れにも気持ちが入ります。

手入れの行き届いたお店に、お客は気持ちよさを感じます。トレーラーハウス店舗は、手入れが手軽にできる点が特徴です。


格安冷暖房費で助かる維持費
高気密・高断熱設計のため、冬でも、小型暖房機一台で、建物内部が春のような暖かさに保てますので、大変経済的です。

夏場も同様に、小型エアコンで快適な店舗環境です。


耐久性は、20~30年
一般にトレーラーハウス店舗は、2X4構造ですので、20年から30年ほどの耐用年数があり、木造店舗であれば、ほぼ同様な耐用の期間です。

ただ、愛着を持って、早め早めにお手入れを行っていくともっと長持ちをさせることができるでしょう


各種税金免除
設置したトレーラーハウス店舗が、建物でない(非建築物)と認定してもらうことで、建築基準法や都市計画法の様々な基準からの枠外となり、制限を受けないし、地域による建築協定にも多くの場合、制約を受けないことになります。

また、トレーラーハウス店舗は、あくまで「非車両」として分類され、タイヤはありますが、動力を装備していないため、各種税金(自動車取得税・重量税・自動車税等)からも免れます。


意外性があり、注目を集めるには、もってこい
内装はもちろん外装にも独自の工夫ができますので、ロードサイドビジネスにはもちろん。通りから、人の目を引く事はまちがいありません。

通りかかったお客様に、存在感だけでなく、入ってみたいなというわくわくした気持ちを起こしてくれます。



◇◆購入するための三つのチェックポイント◆◇

【耐久度・安全性の基準】
トレーラーハウス店舗を運営する際は、購入する製品の製造方法などを確認して、その耐久度・安全性をまずチェックすることが肝要です。

一般的には、「非建築物」として、設置場所への道路輸送に耐えられる本体構造・安全強度を確保して製造されていなければなりません。ただ、現在国内では、法規制による統一した「製造基準」が確立していないため、導入の際、店舗の設置場所・利用状況に合わせて、一定の基準を満たしているかを確認していくことが大切です。

海外製造品を輸入する場合、例えば欧米製であれば、「欧米安全基準」をクリア―しているという証明書である各国政府発行の「タイトル*」等があれば、より安心できます。(*いわゆる車検証・メーカー製造証明書にあたります)

ただ、輸入製品は、外国の気象条件を想定した製造物が、ほとんどなので、導入設置したい地域によっては、十分にその耐久性を確認する必要があります。(例:日本の雪は湿気を多く含むため、国内の豪雪地域への設置には、その屋根への負担を構造計算に入れて製造されたものかを確認することが必要)

【厳しい駐車(設置)基準】
用途としても、見た目にも「建物」ですが、当局に「非建築物」として個別認可を受けるためには、「設置」する際のルールにきちんと従う必要があります。

ライフライン等が、着脱可能な方式を採用することも、必要な条件です。
「非建築物」として「設置」しているわけなので、ライフラインをワンタッチ取り外しでき、いつでも移動できるような状態を維持すること。トレーラーハウス店舗が、公道にすぐ出られるように、その周りの障害・遮蔽(シャヘイ)物から自由になって、単体で動かせる状態を保持すること等です。

詳しい内容は、お願いするサイト加盟業者に確認した上で、その業者が適切にご希望の「設置」場所をチェックし、購入したトレーラーハウス店舗を、最善の方法で活用できるようにサポートいく形をとっています。
注)ライフラインとは、ここでは「給排水管」「電気・水道・ガス(ボンベ)」「電話・インターネット」等のことを指します。

【安心業者の選定】
以上の理由からも、良心的な業者に出会い、お客様の実情にあった提案をしていただく必要があります。

当サイトでは、実績のある業者に参加していただいて、提案見積をしていただいています。今後も優良業者に参加していただき、実績を積み上げて参ります。

このサイトは、全国対応で、無料・匿名にて、複数の業者から安心して提案・見積をうけられます。ご自分のお考えに合った提案をする業者を見極めていただくことをお勧めしています。具体的な交渉をする業者を選び購入する際も、お客様のご判断とご都合で進めていくことが出来ます。ご購入を検討したい方は、提案・見積のタブから、中にお進みください。

◆一般店舗との比較の上で、トレーラーハウス店舗特有の強みを確認出来ましたら、ご自身のビジネスチャンスにかけてみてください。



サイト利用のメリット | 無料提案お見積 | よくある質問 | 店舗設置例 | サイト運営
失敗しないトレーラーハウス購入法 | トレーラーハウスが持つ三大魅力 | 当サイトミッション | 対談コーナー | 輸送設置方法
Copyright (C) 2011トレーラーハウス店舗 繁盛店専門提案見積ナビ. All Rights Reserved.