トレーラーハウス店舗
繁盛店専門提案見積ナビ

〒180-0011
東京都武蔵野市八幡町1-4-18



info@trailerhouse-business.com


◆設置までの準備◆

【輸送・運搬関連】
トレーラーハウス店舗は「随時かつ任意に移動できるもの」ですので、一部設置が困難な場所を除き、日本全国どこにでも納品設置することが可能です。

輸送の一例としてですが、トレーラーハウス店舗は大型牽引車により、国内製造工場あるいは輸入港から、設置場所まで輸送されます。基本的には、夜間から早朝に移動いたします。
ただ、「店舗」奥行きが、3m以下のトレーラーハウス店舗であれば、24時間移動は可能です。

こういった法令を包括して、サイト加盟業者が、細部の条件を綿密に確認しながら、事前調査を行い、輸送計画の立案をいたしますので、大変安心です。

【ライフライン接続】
ライフライン接続については、トレーラーハウス店舗を設置するエリアの給排水業者や電気ガス業者と事前に納入設置日等を打ち合わせます。

段取りとしては、一般店舗設備と同じですが、より廉価な工事費用で済みます。一旦、外部からの接続パイプにつながれば、即日にてトレーラーハウス店舗としてご利用可能になります。


【設置場所賃貸契約】
トレーラーハウス店舗を設置したいエリアが決まりましたら、その場所の土地所有者と、定期借地契約などの土地レンタル契約を取り交わすことになります。

一般的に、その土地自体に基礎工事を必要としませんし、トレーラーハウス店舗の特性である「移動自由」であるために、土地所有者とのレンタル契約は、比較的結びやすくなっています。

つまり、基礎工事を伴う一般建築物の場合は、撤去のために解体工事等の後始末が必要ですが、この「移動型eco店舗」では、いつでも場所を移動させられる点が、土地レンタルを比較的スムースに結べるようにしています。

ですから、トレーラーハウス店舗は、非車両ではありますが、通常の「駐車場」賃貸契約をするのが、一般的です。



◆設置後保守と移動◆

【定期点検メンテナンスについて】
事前に、トレーラーハウス店舗の購入後の製品保証期間をまず確認していただき、その後のメンテナンス項目についてもチェックしていただきます。

トレーラーハウス店舗自体の定期メンテナンスならびに、ライフラインの維持管理は、大事な補修項目になりますが、一般の店舗に比べて、その維持管理は、簡単で割安です。

さらに、内装等のリフォームも可能です。一般的に2x4構造で作られていますので、より容易に、安価に内外改装ができるようになっています。


【ロケーション移動の許可】
何かの事情で、トレーラーハウス店舗の設置場所を移動させるために、公道へ一旦出る場合には、「特殊車両道路使用許可」を受けることで、次の設置予定場所への移動が可能になります。



サイト利用のメリット | 無料提案お見積 | よくある質問 | 店舗設置例 | サイト運営
失敗しないトレーラーハウス購入法 | トレーラーハウスが持つ三大魅力 | 当サイトミッション | 対談コーナー | 輸送設置方法
Copyright (C) 2011トレーラーハウス店舗 繁盛店専門提案見積ナビ. All Rights Reserved.